ケータイ小説 野いちご

きみとあたしのモノガタリ

バイト

次の日から
彩織は学校に
昼食前にくるようになった

今日も彩織は
美佳とあたしが
弁当を食べてるときに来た。


「おはよー」


「おはよー
あべ、弁当ちょうだーい」


「はいよッ」


あたしは自分の弁当と
お父さんの弁当を作っていたので
ついでに彩織にも作ってあげていた


「何で最近、彩織
来るの遅いん?」


美佳が言った


「ただの寝坊よ。」


彩織は笑って言った


ホントは
いままでバイトをしてた


でも校則でバイトは禁止になってる

美佳はおしゃべりさんだから
彩織は美佳には言ってない

< 10/ 117 >