ケータイ小説 野いちご

シンデレラ★バレンタイン

〝すき〟と言えないプリンセス

* * * * *



『里穂?里穂から電話かけてくるなんて珍しい!!すっげー嬉しいんだけど。』

『落ち着きなさいよ。ところで…今日は暇?』

『え?』

『伝えたいことがあるの。今日、どうしても。』



そう言ったのはもう、どれくらい前のことなのだろう?
真姫が瞬に対して初めて素直になった時のことだから…本当にかなり経っている。



ガトーショコラをケースに入れ、歩く帰り道。
少しだけ自分の言った言葉を後悔してしまう。


『今の真姫の立ち位置に並べるくらい…頑張るから。』


そう。私は真姫の位置にさえ、立てていない。


小嶋貴也(コジマタカヤ)は私の〝自称彼氏〟


変わりつつある気持ちに気付かないフリをして、貴也の言葉に甘えて。


だからそれを、今断ち切る。


真姫の勇気に魔法をかけてもらって。


大切な想いを、届けられるように。


< 22/ 34 >