ケータイ小説 野いちご

宮間探偵事務所事件ファイル

Page.3
2.




マンションに戻ると、パトカーが停まっていたり、野次馬が居たりで騒がしくなっていた。


人混みを掻き分け、なんとかエントランスに入ると、九条さんが若い男性と話をしていた。


男性がこちらに気付き、近寄って来て、スーツの内ポケットから取り出した手帳を呈示しながら口を開く。


「こんばんは。刑事課の宮間といいます」


「みやま……?」


小さく口の中で呟き、隣に居る所長さんを横目でちらりと見る。


偶然かな。


でも、何となく似てる……気がする。


つり目とか綺麗な黒髪とか。


「事件の詳しい事をお訊きしたいのですが……また明日伺いますね」


刑事さんは気にする様子もなく話を続けるから、偶然だと思うことにした。




< 89/ 116 >