ケータイ小説 野いちご

宮間探偵事務所事件ファイル

Page.2
1.




その週の日曜日、舞ちゃんと一緒に探偵事務所を訪れた。


「いらっしゃい。高杉さん、大森さん」


小泉さんが迎えてくれて、ソファーに座ると、東屋さんが紅茶を淹れてくれた。


宮間さんが舞ちゃんにいくつか質問をして、少し考えた後、口を開いた。


「大森さんの話から、その松田昭治(マツダ ショウジ)はプライドの高い男だと判断できます。そういった奴には『明らかに自分より上』の人と一緒に居るところを見せつければいい」




< 38/ 116 >