ケータイ小説 野いちご

春の通り道 《超短編》

帰り道

心地良い風が頬をなぜるある日 お市は手習いの帰り道を幼なじみのお小夜と歩いていた。








街はこのところ続いた雨が止んだ後であるのか
いつもより賑やかである。





今日の空は雲一つなく、お小夜の笑顔のように晴れ晴れとして清々しい。





ふと、気になったとを思いだし、小夜の横顔を見つめた。




< 1/ 11 >