ケータイ小説 野いちご

略奪マーメイド。

硝子玉

 かわいそうね、とあの人は言います。

 ダイヤモンドみたいに純粋できらきらしていたのに。

 そういうあの人は、いつも耳朶を飾っていたざくろ石のように、…そういえばあの石が今日は見当たりません、どうしたのでしょう…華やかで魅力的でした。

 違うわ、とあの人は言いました。

 あたしはただの色硝子。輝くふりをしていただけ。

 それならばわたしも、その硝子に憧れて金剛石の輝きを捨ててしまったのです。

 だからわたしたち二人とも、きっといま、ただの硝子玉。

 何よりも欲した愛を得られなかったのです!

 あたしたちかわいそうね、と彼女が言うので、わたしは頷きました。

< 16/ 19 >