ケータイ小説 野いちご

【短編】年下彼氏

年下彼氏になるまで




「ただいま~」


あたしは、憂鬱な気持ちのまま
家に戻った。


「あ、おかえり。
亮ちゃん、あんたの部屋で待ってるわよ?
何か、数学教えてほしいらしいわよ」


亮ちゃんとは、亮佑のこと。


「そうなの?わかった」


あたしは、そのまま自分の部屋のある
2階へと向かった。


「亮佑~、ごめん。待たせた?」

部屋に入ると、あたしのベットで寝てる亮佑がいた。


「亮佑?勉強しないの?」


あたしは、ベットに近づいていった。




< 7/ 35 >