ケータイ小説 野いちご

【短編】年下彼氏

年下彼氏になるまで




コトンッ


「紅茶しかなかった」


「あ…お構い無く…」


「何で、そんなよそよそしいの?」


亮佑は、可笑しそうに笑った。


「で、話って何?」


突然振られた話に、
あたしは固まってしまった。


元々、話す気があって来たんだけど
改まって聞かれると緊張する。


「えっと……」


言わなきゃ…




< 26/ 35 >