ケータイ小説 野いちご

【短編】年下彼氏

年下彼氏になるまで




「いってきまーす」


あたしは、いつもの8時に家を出て
学校に向かう。


あたしが家を出るのと同時に
目の前の家の扉が開く。


「亮佑、おはよ」


「…はよ」


亮佑は、2つ年下の幼なじみ。
家が目の前だから
小さい頃は、よく遊んでた。


「亮佑も今から学校行くの?」


「そう」


亮佑は、いつから
そんな素っ気なくなったんだろ?

小さい頃は、もっと愛想よかったのに。


あたしたちは、
たまに家を出る時間が重なると
途中まで一緒に行くのが習慣となっていた。




< 1/ 35 >