ケータイ小説 野いちご

本当の友達

本当の友達

学校に着いてすぐに体育館に2人で向かった


だけど体育館には誰もいなかった


「ねぇ~美紀・・・いつもこんな感じなの?」


「えっ・・・うんまぁ・・・」


「みんな早く来なきゃとか思わないんだね」


「あたしがいけないんだよ・・・・」


「どうして?」


「あたしがもう少し厳しく指導すればよかったんだよ」


「でも・・・怖かったんだよね」


「うん・・・」


華恋はこんなあたしの頭に手を乗っけてこう言った


「大丈夫だよ」って・・・・

< 18/ 22 >