ケータイ小説 野いちご

嘘偽りの愛しい体温-Ⅱ-

七、悲劇の果てに



――――――
――――
――



…ん?


ボヤける天井…耳に入る機械の様な音…苦しい中痛む胸…


…どうなってるの?


此処は…何処?


私、死んじゃった?




「…里桜」


「………」



この声は蓮也?


声のする方向へと視線を向けると、そこには蓮也がいた


これは…夢?


蓮也に会いたいばかりに夢にまで出て来たの?


夢と言うより、あの世かもしれない?


私…死んじゃった…?




< 99/ 308 >