ケータイ小説 野いちご

白いジャージ8~先生と熱い想い~

LOVE.6
あの場所で





―あの場所で―








1時間後に結果発表があった。








私達は“優勝”だった。



先生の愛が届いたんだね。






内緒だけどと戸村さんが教えてくれた。




ものすごいダントツだったと。








優勝者の名前が呼ばれた時、先生は私を抱き上げた。




お姫様抱っこ・・・・・・


してくれたんだぁ。






まさか、あんな大勢の人の前でお姫様抱っこされるなんて思ってなかった。




だけど、ものすごく・・・・・・幸せだった。





戸村さんと宮崎さんのおかげで、大きな一歩を踏み出せたんだ。








2位は、予想通りの隆介、美亜カップルだった。



3位は、要君と女子高生の彼女。







在校生の部の優勝は、宮崎さん達だった。




先生はものすごく喜んでいた。




これで、校内での宮崎さんへの嫌がらせも減るんじゃないかと言っていた。



妬みもあるし、余計にいじめがひどくなるかもしれないと心配もしていたけど。






< 371/ 374 >