ケータイ小説 野いちご

白いジャージ8~先生と熱い想い~

LOVE.1
スピーチ




―スピーチ―





披露宴が始まる時間になった。


披露宴会場へ向かう。


その途中に、思い出の写真がたくさん飾られていた。





「懐かしいな、制服姿の直と中田だ」



「本当だぁ~!ミルクティー持ってるね」



高校1年の頃かなぁ。


まだ先生への想いをゆかりに話していなかった頃。






「あ、俺だ!」



「これ、山の中の温泉に行った時じゃない?」



忘れない。


先生の運転で、山の中の温泉に4人で行った。


流れ星に祈ったね。




あの時、願った想いがみんな叶ったんだね。









< 29/ 374 >