ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ダメ男依存症候群 ~俺は彼女に中毒症状~

初デート



 九時三十一分。

 約束まであと三十分だ。


 俺は、待ち合わせの時計場所で、一人落ち着かなかった。


 落ち着かないのは無理ない。ていうか、落ち着けっていう方が無理。


 なぜなら、今日はナツとの初デートの日だから!





 ナツを家まで送った日、そのあとのこと。

 俺は家に帰ってから、言った通りにナツに電話した。


「…はい」

 電話を鳴らして十秒ぐらいでナツが出た。


「あ、ナツー? 俺、旬。家着いた?」


「もうとっくに着いてるよ。だって三階なんてすぐじゃない」

 電話の向こうのナツは小さく吹き出していた。


「あ、そっか。へへっ。俺は今帰ってきたの」

 俺も笑いながらそう言った。


「そう……」


 ナツ、声だけでも可愛い!

 俺は、まだ一言二言のナツの言葉だけでそう感じた。


 やばいな、俺……自分で思った以上にハマりまくってる。


 さっき別れたばっかなのに、もう会いたい……


 あ、そうだ。


「なぁ、ナツ。今度の土曜、ヒマ?」

 俺は思いつくままに口にした。


「え…土曜? ……特に予定はないけど」


「じゃ、どっか行こ! ナツとデートしたい」


 会いたいなら、会えばいい。付き合うなら、デートは基本だ。


「え………うん。いい、けど…」

 ナツは小さな声で言った。


 よっしゃ! デート決定!


「じゃあどこ行く? ナツ、どっか行きたいところある?」


「あたしは…特に……」


 そうか、そうきたか。

 実を言うと俺もない。


「んじゃ、俺考えとく。でも、ナツが土曜日までに行きたいとこ出てきたら言ってくれな!」


「うん……分かった」



< 51/ 192 >