ケータイ小説 野いちご

眠れないほど好き【短編】

やり手

「お疲れさまでした」

あと少しで仕事を終えるという頃、支店長代行の唐沢那智が、上のフロアであった営業会議から戻ってきた。



支店長は八月から病気療養中で、唐沢はその代行として、世界有数といわれる商社、業平商事の本社から派遣されてきた。


まだ三十二歳という若さながら、さすがに基本が本社所属というだけあってやり手だ。

まず、決断するのにためらいがない。

それだけの自信があるのだろうけれど、“上から目線”ということはなくて、部下が年上となるとそれなりの敬意が見える。


先月になって、十二月から支店長が復帰することが決まり、引き継ぎも含めて唐沢がいるのはあと一カ月くらいだ。


「ああ、お疲れ。市羽さん、おれ、今日の会場ははじめてなんだよな」

< 1/ 17 >