ケータイ小説 野いちご

ハルマキ

おわりに

 

「ところで時雨さん」

「ん?」


 彼はぺたんと地べたに腰を下ろし力を抜いて据わっていて。

 彼女はというと、膝に手を置いたままで相変わらず私に背を向けていました。


「三年、待つのはいいですがその間に煙草、減らしてくださいね」

「それとこれとは話が別だ」


 俺の祖父さんも煙草吸ってるけど七十越えてる。

 と間髪入れず、彼は何の言い訳なのかそう付け加えました。


 煙草はダメだと思います。

 私も現に迷惑被ってますから。

 

< 23/ 27 >