ケータイ小説 野いちご

虹愛女学院前編

06





「か、かかかかか…河上!?」
私はビックリして立ち上がり、そのまま後ろに後退りした。




「たしかに俺は河上だけど…って椿か!?」




河上も驚いたような顔をして私を見た。



確かに虹愛女学院二年三組担任の河上一だ。


でもなんか大人っぽい。


ワイルドな髪型が少し落ち着いて、さらさらしてそう。


口調もやさしかったし…。


「あのぉ…河上一先生ですが?虹愛女学院の。」


河上は少し考えて


「あぁ。今はもう教師は辞めたけどな。」



「辞めた!?」


嫌々、



「私まだ現役で先生から授業受けてましたよ!」



私がそう力説すると河上はばか笑いをした。

< 24/ 51 >