ケータイ小説 野いちご

丹下 龍太郎は只今留守にしております

お姉ちゃんは心配性

ドンドンドン!

ドンドンドン!

日曜の朝もはよから、部屋のドアがノックされる。

「ん…ん~…」

昨夜眼鏡男子と遅くまで電話で話し込んで、寝たのは明け方だった。

アリスカ・テフレチェンコはまだベッドの中でまどろんでいる。

が、その夢うつつの状態から早く覚醒しろとばかりに。

ドンドンドン!

ドンドンドン!

激しく叩かれる部屋のドア。

いや、これはもうノックという感じではない。

左右正拳突きの連打だ。

やめてほしい。

ドアが歪んでしまう。


< 11/ 20 >