ケータイ小説 野いちご

俺様天使とのキスまであと指輪一個分。

第三章 代償


「キャプテン、上、上!」


声につられて蒼はふらっと空を見上げた。



いつも通りの、8月の空。


水色の壁に、白の綿がところどころに散らばって…



「あ……」





パコン!!


「いったああっ!!!!」


あまりの激痛に蒼は頭を抱えてしゃがみこんだ。

足元には先ほど蒼の頭上を直撃したボールが、情けなく転がっていた。



< 57/ 353 >