ケータイ小説 野いちご

俺様天使とのキスまであと指輪一個分。

第七章 愛しの人





「……大丈夫? ちづ」


傘で顔を隠しているが、息遣いで千鶴が泣いているのはバレバレだった。


「だいじょ…ぶ……にゃ…でも…どう…して…」


「きっと何か理由があるのよ。いつか話してくれるわ」


千鶴の小さくなった背中を、美津子は優しく撫でた。


「……いつか……なんて待てない」


「え?」




< 165/ 353 >