ケータイ小説 野いちご

俺様天使とのキスまであと指輪一個分。

第五章 衝突





……カキーーン!!




「キャプテン! 絶好調!」


ボールが空に吸い込まれるほどの大きな弧を描き、グラウンドの柵を軽く越えた。


ランニングホームランでホームベースを回る蒼。


(ほんの少し風を操って、ホームランにしちゃったけど)


蒼は含み笑いをしながら、声援を送る部活の仲間に手を振った。




< 117/ 353 >