ケータイ小説 野いちご

俺様天使とのキスまであと指輪一個分。

第一章 8月






「母上……」





彼の視線の先には、

青白くなりながらも美しく眠る女性の姿。


「どうして…どうして母上が…」


彼の瞳に写る女性の姿が、涙で霞み、遠くなっていく。


彼の悲痛な叫びに、

彼女が応えることは、もう永遠にない――…








< 1/ 353 >