ケータイ小説 野いちご

天然オばか姫の恋*。+②

▽America✩



しばらくして…


「あー、ほとんど寝ちゃったねー」

「そうね。じゃあ、あたしも部屋に戻るわ」


そう言って去っていった


起きてるのは涼夜と蓮だけかぁ…


「涼夜!」

「んおー、どした?」

「おめでとう!」

「あ、真紀から聞いた?」


すごいいい笑顔してるよっ


「何のこと?」


まだ涼夜から聞いていないのか、状況がつかめていない蓮




< 247/ 300 >