ケータイ小説 野いちご

純情☆デビル

†第1章† 一致と反対
☆あり得ない展開☆ 《Side -Ayu-》

「ムゥ~~~~……」


「亜遊、せっかくのカワイイお顔が台無しになっちゃうから、口曲げないの!!」


早耶がお弁当を食べながら、私に言った。


人間界の修業初日……早耶や正信みたいな友達が出来て、嬉しいハズなのに………


今だって早耶と楽しく初お弁当食べてるのに………


私がこんな不機嫌なのは、“あの人”が原因だっ!!


「だって関波君、ヒドイと思わない!?」


そう、あの人=関波 雫君!!


自己紹介の時、私は名前と“よろしく”だけで済ました関波君にツッコみたかった。


さすがにしなかったけどさ……

< 41/ 467 >