ケータイ小説 野いちご

赤髪の彼は詐欺師!?

赤髪との出会い
赤髪の名前

――――――――――――
―ーまた数日後ー―

「ねぇ空ちゃん!赤髪でいけ好かない顔した目元にホクロが有るいけ好かない奴知らない!?」

赤髪の事を全然知らない私は学校のデーターマンと呼ばれる、空 亮という人と仲良くなり、頼ってみた。

「ふむ……。におう、か?」

空ちゃんは小さな声で言っていた。

「え?特になにも匂わないけど?」

クンクンと空ちゃんに向かってやってみたが特になにもなかった。

ガンッ!!

いきなり空ちゃんが持っていた分厚い本で私の頭を叩いた。

「いだっ!!」

「仁王。仁王 智也だ。」

多少痛かったものの赤髪の名前が分かったことは大きな進歩だ。

「黒奈はなぜそんな事を聞いてきたのだ?」

「あー…。仁王とかいう奴に二回も騙されたんだよね…。」

思い出すだけでイラついてきたー…。

「なんだ。恋をしたわけではないのか?」

「なっ!?なわけない!!」

あれ。なんで私、同様してんだ?

「ふむ?そうなのか?仁王はモテるからな。しかも詐欺師だ。」

ふーん…仁王ってモテるんだ…。

チクッ

何だ?この気持ちは?

胸がチクチクする。

仁王の事を思うと…

モヤモヤしたり

苦しくなる…

私、ついにおかしくなったかぁ…

「…な……黒奈!」

いきなり空ちゃんが私を呼んだ。

「ぅわっ!?びっくりするでしょ!!」

「もう少しでチャイムがなるぞ。」

「そうだね。んじゃっ!!ありがとね!!」

「あぁ。」

私は教室に向かって歩き始めた。

教室に帰るまでの時間がすごく長かった。


席に座るのと同時にチャイムがなった。

とにかく、今は授業に集中しよ…。

< 5/ 13 >