ケータイ小説 野いちご

赤髪の彼は詐欺師!?

赤髪との出会い

「んー…職員室は何処だ?」

只今私、絶賛迷子中。

いやだってさ、中学校がこんなにデカイとは思わなかった訳ですよ。

あ、私の名前は夏風 黒奈っていうんだ。ちなみに中学三年生!

っと、早く職員室見つけなきゃな…転校初日から遅刻なんてメチャメチャ恥ずかしいし!
――――――――――――
「ははは…本格的に迷った…。」

さまよってるうちにもっと分からなくなり…。

まぁ、私、方向音痴だし?しょうがないよ。うん。

あ゙ぁ゙!?もう時間ギリギリじゃん!!

くっ…しょうがない、人に聞くか…。

ぉお!!ちょうどいいとこに人発見!!

いや、でも待てよ…。あの人、中学生なのに赤髪?バリバリ校則違反ってますよね?

どうしよう…聞かないと間に合わないし…

赤髪に聞いて遅刻しないのと聞かないで遅刻するの…

「絶対に赤髪に聞く方。」

そう私は決心して赤髪の人に話かけた。

「ねぇ、職員室どこにあんのか教えてくれない?」

いきなり私が話かけたから男子はキョトンとしながら振り返った。

この男子…カッコイイな!!

赤髪に狼みたいな鋭い目付きに涙ホクロ、ルックスは最高と言えるほど完璧。

あれか。モテ要素満載とか言うやつか。

「ん?なんや?」

ぉお、関西弁だ!!初めて聞いたなぁ。

「えーと…職員室、どこにあんのか教えてくれない?」

「……あぁ」

赤髪の男子は一瞬怪しく笑って教えてくれた。

「ありがとうございました!!」

「職員室は分かっていなきゃアカンで?」

う…、たしかにそうなんだけどさ…

「では!!本当にありがとうございました!!」

そう言って私は教えてもらった方角に走って行った。

あの赤髪男子がニィと笑っているのを知らずに。

< 1/ 13 >