ケータイ小説 野いちご

風子仕様の恋模様。

婚活!!



夏も終わり過ごしやすくなった今日この頃。

窓の外には朝の爽やかな空気に包まれた緑の庭が広がる。


そんな景色を眺めながらの朝食。


なんて素敵なんだろう。










「風子っ!!!!」




「なっ…何よいきなり。」



気持ち良く自分の世界に浸っていたのを邪魔したのは、険しい顔をした母だった。



「あんた。」



「な、何…?」



美味しかったはずの食後のコーヒーは、ゴクリと音をたてながら喉元をすぎていく。
実に苦々しく。






「いつになったら結婚するのよ…」



で、でた!
母の婚活トーク!!!

< 1/ 54 >