ケータイ小説 野いちご

恋愛相談は校舎裏で

*第二章*
ケータイと先輩

キーンコーンカーンコーン―――……



「北川さん、授業終わったよ」


「んー……」



クラスの女の子の声と共に
ゆさゆさと控えめに体を揺らされる。


ゆっくりと机から起き上がり、顔をあげて女の子を見ると、

女の子の二人組はびくっと肩を揺らしてから、
「先に行ってるね」と慌てて教室を出て行った。


…そんなに怯えなくても…。



眠たい目をこすりながら周りを見渡す。


……そういえば移動教室だったな。



教室にはすでに誰もおらず先生だけ。


「北川さっさと教室戻れよー」


「…はい」


“さっさと”行動する気がない私はのろのろと立ち上がる。



…もう授業ないし。急ぐ必要ないし。




< 101/ 437 >