ケータイ小説 野いちご

おいちゃんまだまだ大丈夫と水道の蛇口

今野さん


目覚まし時計で、目が覚めた。

喉が渇いて、冷蔵庫から水を取り出しペットボトルに口をつけて飲んだ。

手首に昨日老人からもらったブレスレットついている。

良く見るとどこにでもある安ぼい物だった。

ブレスレットは、銀色だったがおそらくメッキだろう。安物だった。

「きっかけね。水道の蛇口か。」

俺は、呟いた。

昨日の老人の言葉が断片的に、脳裏浮かぶ。

『きっかけ』
『水道の蛇口』

『あなたに水道が普及してなければ』

俺は、少し気分が高揚した。

今日は、休みで美容院へカットに行く日だった。


< 6/ 16 >