ケータイ小説 野いちご

地味子が地味子である理由

2章
Side 尚真








結局あの日はあいつが家に帰っていたということでそのままおひらきになった








そしてあの日から一週間経った



あれからあいつとは話してない



オレだけじゃない…



Sクラスの人全員があいつと話していない



いや…話したくても話せない…




この間咲乃が話しかけても…






「ごめん…今忙しいから…」





香凛が話しかけても





「うん…」





しかいわない…



















< 45/ 502 >