ケータイ小説 野いちご

剣と魔法と時々笑い。

PROLOGUE

 
 
 
 
 
 
――この時はまだ知らなかった

   あんな事になるなんて――・・・・・





 

< 1/ 69 >