ケータイ小説 野いちご

オレ様婚約者と甘いKiss【完】

茜の恋のアドバイス





終わった。
終わった。
終わってしまった――っ!!


「うぎゃ――っ!!」


頭をかきむしり、おみくじの列に割り込んで、強引におみくじをゲットする。


神様は!?
神様はなんて言ってるの――!?


渡されたおみくじの、ちっちゃい紙ひもをほどくのももどかしく、引きちぎろうとした。


「あーあ。
ほーんと、ガサツな女」


耳元で囁かれる低い声。

< 243/ 420 >