ケータイ小説 野いちご

オレ様婚約者と甘いKiss【完】

婚約解消もカウントダウン?




「…と、言うわけなんで、婚約解消をしてください」


あたしの家のあたしの部屋。


一日はさんで、律儀にまた勉強を教えにきた清水祐都に、へらへら告げた。


「これ、さ。
きっと、初詣で告られるパターンじゃん?」


翼くんからもらった手袋を抱き締めて、にやにや笑う。


「どうしよ――っ。
神様の前で誓われちゃったら――。
“君を一生大事にするよ”とか、なんとかかんとか」



< 181/ 420 >