ケータイ小説 野いちご

オレ様婚約者と甘いKiss【完】

パーティの準備は、波乱の予感




「ねぇ、どうしよう茜?
あたし、清水祐都と婚約した上、アイツの濃厚チューを経験しちゃった~」


茜の家の、だだっ広いリビングで。


キッチンで作業するミイと梨果の様子を窺いながら、茜をソファーの後ろまで連れていく。


そこでしゃがんで、こそこそと、ここ数日で起こったあり得ない不幸について、マシンガンのように、茜に話す。

< 117/ 420 >