ケータイ小説 野いちご

つむじ風。

第2章~穢れゆく手~


なぁ、博子。

この街にも確実に秋が来ていて、
公園で夜を過ごすのは
だんだん厳しくなってきた。

兄貴からくすねた金と、バイト代があったが、
すぐに底をついた。

とりあえず年齢をごまかして
日雇いの仕事についた。

朝指定の場所で待ってると、
迎えの車がやって来る。

いろんなことをした。

工場での資材の搬入の手伝いやら、
建設現場にも行った。

ただの力仕事だ。

頭を使うわけでもなく、人とコミュニケーションをとるでもなく、ただ黙々と言われた作業をこなす。

拘束時間12時間、日当7000~8000円。

仕事内容に到底見合わない賃金だったが、仕方ない。

身体中が悲鳴をあげていた。

あんなに剣道で鍛えていたはずなのに。
朝起きる時、全身の痛みで、
思わず唸ってしまう。

そうやって何日かしのいだ。


なぁ博子。

惨めだ、自分が情けなくなる。
俺には何の未来も見えやしない。

だけど、おまえに会いたい。

とてつもなく
おまえに会いたかった。

今にはじまったことじゃない、

ずっと想ってた。

ずっと会いたいって…

だからこの街に舞い戻ってしまった。

おまえと同じ空を見ていられる、

おまえと同じ風の冷たさを感じられる…

それだけで一緒にいられる気がしたからだ。

馬鹿だろ、俺…

< 43/ 192 >