ケータイ小説 野いちご

一番の幸せ

ココロ
好きなんです。

好き。

ただ好きなの。
君のその無邪気な笑顔が、微妙に優しいところが、
怒った時の顔が、
真剣な君の横顔が、
毎日キラキラ輝いてるところが・・・
君の全てが。

大好きなんだ。
好きで
好きで
好きで
好きで…。


君の隣にいたいのに、
私は臆病者だから。
君に何も言えない。


こんなにも、君が好きなのに…。
大好きなのに…。

この気持ちを君に届けたい…。

でも君が私の前で笑顔でいてくれるなら、それでいい。
それが私の一番の幸せだと思うから。


< 1/ 3 >