ケータイ小説 野いちご

マイルド・ガールとワイルド・ボーイ

†第2章† 意外な真実
☆保健室で危機一髪☆ 《Side -Norika-》

「おはよー」


「宿題やって来たー?」


高校生になってから、早半月。


大分学校にも慣れ、充実した日々を送ってます!!


「今日、3時間目体育だよね?何やるのかな~~~?」


私の机の周りに集まっている、夏葉と琴音に聞く。


「フ・フ・フ。喜びなさい紀香!今日体育の先生が急用でいないから、個人自由にしていいんだって!!」


「ウソ!」


「ラッキー!!」


琴音の話に、私も夏葉も喜びの声をあげた。


やった!!自由なら、大好きなバドミントンが出来る!!


実は私中学時代バドミントン部だったのだ!

< 85/ 424 >