ケータイ小説 野いちご

純恋〜スミレ〜【完】

第一章
ちっぽけなプライド


「うちら、もう別れよっか?」


煙草の煙が充満する狭い1LDKの部屋。


あたしは彼氏の達也に別れを切りだした。


「……」


達也は何も言わずに畳の上に置いてあった赤いマルボロの箱から煙草を取り出す。


それを口にくわえてから、慣れた手つきでマッチを擦る。


あたしの話なんて全く耳に入らない様子で。



< 2/ 487 >