ケータイ小説 野いちご

恋、心、なみだ

不安


真とゲーセン行くから先帰って










有り得ない。

滅多にない部活の休みに、なんで友達とゲーセン行くかなぁ!

しかも、あたしのが先約だよね?
どー考えても!








「はぁー…。」

大きな溜め息が零れる。


「あや?眉間に皺よってる…」


「だってぇー、春がドタキャンするんだもん。しかも、理由が友達とゲーセン。メールは一行、絵文字、顔文字どころか丸もなし!これでニコニコ笑顔でいられる女がいたら、今すぐここに連れてきて!!」


あたしが一気にまくし立てると、奈津子はケラケラと笑う。

「ちょっとぉー、それでも友達?」

「だっていつものことじゃない?鈴宮くんのドタキャンなんて。」




そうか。
周りの認識はそんなんだ。

考えてみれば、高校に入ってからは、ずっとこんな感じだった。

< 1/ 10 >