ケータイ小説 野いちご

叶わなくて敵わない恋

恋哀


去年、わたしたちは出会いました。






夏、アブラゼミが鳴きはじめたころ。






ひとめぼれでした。





同じ委員会に参加したことが始まりでした。






彼は生徒会でした。







今となっては、出会わなければよかったかもしれません。





彼は一つ年上。わたしは彼がひとつひとつ行動を移すたびに、胸が締め付けられました。




もちろん同じ委員会なので、メールアドレスも聞くことができました。







< 1/ 7 >