ケータイ小説 野いちご

焦らし愛

オマケ
やっぱツンデレ彼女



「なぁ、咲ー」




「やだって言ったらやだっ!」




あの日から少しは素直になってくれるかなって思ったんだが…



以前とこうして変わらない。





「好き、って言ってみてよ」って言ったら、断固拒否された。

< 19/ 21 >