ケータイ小説 野いちご

こままもっと

屋上
哉輝side


その頃、屋上では・・・。

「なぁ哉輝。
 あの2人置いてきてよかった
 のかよ?」
「大丈夫なんじゃない。」
「な、何だよその曖昧さは!!」
と少し呆れ気味の泰斗。


そんな俺たちの会話を聞いていた
伶都が、今日初めて声を出した。

「俺、・・嫌な予感する。」
と一言。
ぽつりと囁いた。

「れ、伶都。
 不吉なこと言うなよ。」
とすかさず尚志が言った。

< 24/ 94 >