ケータイ小説 野いちご

愛なんかいらない 〜キュート過ぎる部下〜

彼の実家

そして、あっという間に終業の時刻となってしまった。


いつもは長く感じる一日が、今日は何と早い事か……


「お先に失礼しまーす」


心なしか沈んだ声に聞こえる祐樹の挨拶に、


「お疲れさま」と言って私も椅子から立ち上がり、帰り仕度を始めた。


エレベーターホールに行くと、その横で外を眺めていた(振りをしていた)祐樹が、スーッと私に近付き、無言で同じ下りのエレベーターに乗り込んで来た。


他の人もいるので話は出来ず、お互いに知らん顔をし、エレベーターを降りると、少し間を開けて私は祐樹の後ろを歩く。


一緒に帰る時は、いつもこんな感じだ。



< 72/ 220 >