ケータイ小説 野いちご

愛なんかいらない 〜キュート過ぎる部下〜

彼の実家訪問

それから10日程が過ぎたある日の夜。私は祐樹とこの間行った祐樹の地元のレストランでディナー中。


目の前に美味しそうなオマール海老の料理があるけど、それに掛けられた生クリームの入ったこってりとしたソースがちょっと苦手で、あまり食が進まなかった。


酸味の効いた白ワインはサッパリとして美味しいけれど、このところアルコールはあまり飲めなくなってるから、口を湿らす程度にしか飲まなかった。


「志穂さん、あまり食が進まないみたいですね? エビは好きですよね?」


「ええ、そうよ。ただ、今日はちょっと食欲がなくて……、ごめんなさい」


「もしかして、具合が悪いんですか?」


心配してくれる祐樹に、


「少しね。夏バテかな」


と、私はまた嘘をついてしまった。



< 126/ 220 >