ケータイ小説 野いちご

少年少女は夢を見る

dream2 憂鬱少年



男女間で友情なんて成り立たないって言う人がいる。

だけど俺はそんなことないと思うな。

だって俺たち、友達だし。


「あー…死んじゃいたい」

嫌なことが重なったわけじゃない。
世界に絶望しているわけでもない。

なのに唐突に湧き上がって来るこの気持ち。


それは恋より甘ったるくて、愛より濃密な感情。

思ったことをそのまま口にすれば、奈里ちゃんはいつも困ったような呆れたような顔で俺を見るけれど。

他の友達の前で、親の前で、こんなこと言えない。

「奈里ちゃんだから」言えるんだよ。



< 10/ 72 >