ケータイ小説 野いちご

少年少女は夢を見る

dream1 散財少女



「あー…死んじゃいたい」


余計な物がほとんど無い自室で、彼は唐突にそんなことを呟いた。

「それ、何度目よ」

ゲームのコントローラーを握ったまま、私は無感情にそう言う。

あ、ゲームオーバー。


そんな私を横眼で見ながら彼はへらへら笑う。

「奈里(ナリ)ちゃんは冷たいなぁ」

「ちっとも冷たくない。飽きるほど同じセリフを聞けば誰でもそうなるよ」


高校に入る前に思い切って染めた彼のクリーム色の髪が、切なく揺れる。

それがびっくりするほど似合っていて時々癪に障る。



< 1/ 72 >