ケータイ小説 野いちご

学園奉仕活動

奉仕活動部始動

翌日―――







「え〜やはり、ハゲマール社の育毛剤は私にはあっている訳でして。中でも、ハゲマクリと言う育毛剤が―――――」




「ふぁ〜〜ぁぁ・・・・・・」


ちょー眠い・・・・・



校長さっきから同じ話ばかりだ


「・・・・・でして、やはりハゲマクリは――――」


ああ〜もうっ!!


お前がハゲマクリなのは分かったから!


分かったから少しは俺達の事考えてくれよっ!


趣味で壇上の袖に立ってるんじゃねえんだぞっ!くそがーーっ!!


「ふっ・・・・・・・よし。お前がそうくるなら・・・・・・・」

俺は上靴を片手に校長をスナイプし、ベストな時を待つ。


「はぁ〜・・・・・・・長いな・・・・・・・」


今か今かと思いながら、なかなか狙いが定まらない俺の隣で、両肩をダランと下げ天井を見上げていたゴリラそうが呟いた。


背後を振り返ってみると、ロピアン、寝子、アリスの三人も同様にうんざりした様子で立っていた。


「これだったら遅刻した方が良かったな。もうやめだ、やめっ」


真面目に立ってるのも馬鹿らしくなり、壇上袖の床に胡座をかいて座り、壁に凭れる。



「ああ〜・・・・・・・最高だぁ〜・・・・・・・」



座るのがこんなに楽とは、あたしゃ〜知らなかったよ。


「確かにな。それは俺も思うわ。はよ来て損したわ〜・・・・・・・」


ゴリラも隣に腰を下ろし、俺とゴリラが座っているのを見た、ロピアン、寝子、アリスの三人も、床に腰を下ろした。


「やはり、世界平和イコール私の頭であり――――――」


いやいや、熱くなり過ぎだろ・・・・・・

自分のハゲ事情と世界平和を結び付けてるって・・・・・

流石に無いわ〜・・・・・・。




< 73/ 190 >