ケータイ小説 野いちご

道─新選組の物語─【完結】

──第二章──
友の信頼



千嘉がそこにいた。




「なんか、あったっ?



うちで良ければ、聞くよっ?」





うぅ・・・っ



「ちぃがぁ~!!(泣)」




私は千嘉に飛びつき、子供のように泣いた。




それを千嘉は何も聞かず、私を抱きしめ背中を子供をあやすように叩いてくれた。






あれから何分経ったんだろう?




ずっと泣いてた。



泣いていてみんなに気づかれないように部屋に移動した。





「落ち着いた?」





千嘉が尋ねてきた。




「うんっ。ごめんっ」






< 96/ 158 >