ケータイ小説 野いちご

道─新選組の物語─【完結】

──第一章──
池田屋事件



寒く、真っ青な空の下──・・・




サッ、サッ、サッ、サッ・・・




落ち葉を箒で拾い集めている今日の朝。





千嘉、今は平助君と巡察に同行してる。





その為、今は一人。





こんな寒い日に一人でいると心細い。






「おい。」





誰っ?




「あ。斉藤さん・・・」





なんだろぉ?




「この後の巡察は、俺と総司だが、どちらに着いていく?」





あ。この後巡察かぁ・・・




< 33/ 158 >