ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君を探して

1.オレ様、登場。
2回目のメール

その日、部活が終わると、私は1人で家へ帰った。

最寄り駅で電車を降りて、徒歩10分のところに私や陽人が住んでいるマンションがある。


マンションの近くまで来ると、ジョギングをしている陽人に会った。

陽人ってば、部活の練習で走った後だっていうのに……まだ走り足りないんだろうか。


「おぅ、お帰り」

私の手前まで来ると、陽人は足を止めた。

「汗びっしょりだね」

「まあな、これが気持ちいいんだって」

息を切らしながら陽人は笑った。

「今日の晩メシ、すき焼きらしいぞ」

「何で知ってるのよ」

「おふくろが言ってた。一緒に食うらしい」

「また?」

寒い季節になると、なべやおでんなど、2世帯一緒に食べることが多くなる。

私たちは並んで一緒に帰った。


(これがダメって言われても、仕方ないじゃん……)

思わず慎の顔が脳裏をよぎる。


< 20/ 308 >